日本の借金

「1,039兆円」この数字は、日本の借金の額です。


国民一人当たりに換算すると818万円の借金を抱えていることになります(財務省発表)。
一家庭では、何とおよそ1,911万円もの借金となります。


膨張する日本の借金ですが、これはいつの頃から始まったのでしょうか。


江戸幕府が倒れ、明治新政府は近代化を推し進めていきました。
鎖国をしていたことから欧米各国の文明の発達に遅れを取り、「文明開化」と称して、がむしゃらに西洋の文明を取り入れようとしたのです。


中でも鉄道の敷設は流通の根幹であり、経済発展には欠かすことのできないものであったことから国債を発行して建設資金を調達しました。
当時の円は国際的に評価が低く、ポンド建ての発行でした。
さらに、戦費の調達でも国債が発行され、建設事業経費を賄うための建設国債や国家予算以上の経費を補う赤字国債など次々と発行されるようになりました。
様々な要因が絡み合い、日本の借金はとうとう天文学的な数値にまで達してしまいました。
借金をしたら返済しなくてはなりませんが、とてもとても追いつく額ではなく、膨張の一途です。


消費税を上げたくらいではとても追いつかず、借金返済の良策を早急にたてなければ、財政破たんをきたしてしまう日もいずれやってくるかもしれません。
このような借金まみれの国家の懐ですが、私たち個人の懐は収支のバランスのとれた健全財政でありたいものです。
ここでは、賢い借金の返済方法を考えていきましょう。


[PICK UP]
賢い借金の返済方法を専門家に無料で相談出来るサイトです ⇒⇒ 借金の返済

Copyright © 2014 賢い借金返済方法 All Rights Reserved.